東広島の自動車名義変更代行サービス

ご存知ですか?自動車名義変更のトラブル

自動車名義変更は、書類作成や申請のプロセスが多岐にわたるため,手間のかかる手続きです。車の相続や個人売買の際に思わぬアクシデントに遭うことがあります。

自動車名義変更ができない

亡くなった方から車を相続する場合や、個人間で車の売買を行った場合にスムーズに自動車名義変更が進まないことがあります。

必要書類がわからない

旧車検証・車庫証明・新旧所有者の印鑑証明・新旧所有者の委任状など、名義変更の状況で必要書類が異なります。

書類の有効期限が切れる

お仕事が忙しい方や、多くの車両を登録する法人様のケースだと、提出書類の有効期限に間に合わないことがあります。

東広島の菊地行政書士事務所にご相談ください

東広島の菊地行政書士事務所にご相談ください

菊地行政書士事務所は、自動車名義変更など広島ナンバーへの自動車登録、車庫証明申請を代行する東広島市にある行政書士事務所です。中国運輸局広島支局や警察署への申請や届出を代行します。

自動車名義変更に掛かる労力を削減します

個人の方であれば委任状と申請に必要な書類等をご用意いただくだけで、後の手続きは不要です。そのため、申請に伴う時間や手間を大幅に省けます。

行政書士に委託することで法令遵守ができます

自動車販売業などを営む方であれば、行政書士に委託することで書類作成に伴う、行政書士法違反を避けることができます。

迅速かつ正確な自動車名義変更の申請ができます

自動車名義変更の申請に自動車ワンストップサービス(OSS)を利用することで、ご依頼に迅速に対応できます。

自動車名義変更サービスをおすすめする理由

名義変更のケースによっては複雑で手間がかかることも多々あります。行政書士に依頼することでこれらの悩みも解消されます。

時間と手間が大幅に節約

自動車名義変更に伴う、書類の作成・官公庁(広島運輸支局・警察署など)への申請や届出の時間と手間を大幅に節約できます。

特殊なケースの名義変更

手続きは菊地行政書士事務所が担当しますので、自動車名義変更に必要な知識も要りません。安心してご依頼いただけます。

丁種封印制度(出張封印)

菊地行政書士事務所では丁種封印制度(出張封印)が利用できますので、ご自宅や会社でナンバープレートの封印ができます。

自動車名義変更の書類準備から申請までサポート

菊地行政書士事務所なら、広島ナンバーへの名義変更からその他の自動車登録に関するお悩みまで解決します。

自動車名義変更サービスの料金

菊地行政書士事務所では、ご利用いただきやすようにリーズナブルな価格で自動車名義変更を代行します。
※その他、ナンバープレート交換再交付申請や車庫証明申請など申請内容によって別途料金が発生します。

移転・変更・抹消・永久抹消
3,000円~
自動車の名義変更・氏名や住所の変更及び使用者の変更・自動車の一時抹消・自動車の永久抹消(廃車)
複合・連件申請
5,000円~
通常2回変更する名義変更を1回で行う場合(ダブル移転)での自動車の名義変更・氏名や住所の変更及び使用者の変更・自動車の一時抹消・自動車の永久抹消(廃車)
出張封印
6,000円~
丁種封印制度(出張封印)をご利用いただくことでご自宅や勤務先の駐車場など指定された場所でナンバーを付け替えて封印します。
サービスの詳細を見る

電話によるお問合せ

自動車名義変更・自動車登録・車庫証明代行サービスに関する疑問点、ご質問などお気軽にお問い合わせください。
0823-36-7451
営業時間 9:00-18:00[土日除く]

メールによるお問合せ

菊地行政書士事務所では、自動車登録・建設業許可申請・遺言原案作成・相続手続きなどを中心業務として取り扱っております。お気軽にお問い合わせください。
お問い合せ

自動車名義変更や登録・車庫証明に必要な書類と手続き

自動車の名義変更や登録の手続き、車庫証明に必要な書類などをご紹介します。

自動車名義変更のやり方

自動車名義変更のやり方

自動車の名義変更を個人で行う場合、書類作成・申請の届け出など全てご自身でやることになります。そこで、無駄なく速やかな名義変更のやり方と必要となる書類について解説します。

自動車登録のやり方

自動車登録のやり方

道路運送車両法により、自動車(軽自動車・小型特殊自動車・二輪の小型自動車を除く)は登録しなければ運行できません。自動車登録の種類と必要書について解説します。

車庫証明申請のやり方

車庫証明申請のやり方

車庫証明書の正式名称は自動車保管場所証明書といい、自動車の登録手続に必要な書面です。保管場所の住所を管轄する警察署に申請を行います。車庫証明申請に必要な書類や手続きについて解説します。

自動車名義変更の疑問とその答え

自動車名義変更に関する主な質問をまとめました。

自動車の名義変更はどれくらいの時間が掛かりますか?
申請に必要な書類やナンバープレートが全て揃っているのであれば、名義変更の完了した車検証が申請日当日に交付されます。もっとも、書類申請による車庫証明書が交付されるのに通常は4~5日かかります。

警察署や運輸支局は平日しか申請を受け付けていないこと、当事務所との郵送または対面による受け渡しにも時間がかかることを考慮して、実際上は1週間程度の期間をみておいた方がよいでしょう。また、希望ナンバーや特別仕様ナンバープレートを申し込まれる場合はさらに日数がかかります。

軽自動車の名義変更は普通車とは違うと聞いたのですが
普通車は移転登録という形で運輸支局に申請します。軽自動車は検査証記入申請という形で軽自動車検査協会へ届け出ます。

軽自動車の場合は普通車に比べて手続きが簡略化されています。例えば印鑑証明書が不要です(住所の証明として添付することはあります)。検査証記入申請には手数料はかかりません(一時抹消等は有料です)。事前の車庫証明申請も不要です。ただし,後日において保管場所届を警察署に届け出る必要はあります(一部不要な地域もあります)。
現在、親名義の車を使用しており、親も車はほとんど使用せず、私にあげると言ってます。この場合は名義変更をした方がいいですか?
親族間で車の所有者(名義)と使用者が違うということはよくあることです。とはいえ、使用するのがほとんどあなたなのであれば、名義変更することをおすすめします。

使用の実態に名義を合わせておけば、将来の売却や廃車の手続きがやりやすいからです。また、自動車税の通知も所有者(名義人)の元へ届きます。名義変更を済ませて、現実に使用しているあなた宛てに通知が届くようにしておいた方がよいでしょう。
車のローンが完済したんですが、名義変更(所有権解除)したほうがいいですか?
早めの名義変更をおすすめします。ローンで購入した場合、車の所有者は自動車販売業者やローン会社になっています。完済しても名義変更は自動的に行われません。名義変更をしていないままだと、売却や一時抹消などを行う際に所有者の書類が必要となり煩雑です。名義変更をして、真の所有者であることを公示しておきましょう。
自動車の名義変更に掛かる費用はいくらですか?
名義変更の実費として、車庫証明の取得費用2,500~3,000円(都道府県で違います)、移転登録手数料500円、印鑑証明書や住民票等の交付手数料などがかかります。

その他にも自動車取得税や自動車税がかかる場合もあります。ナンバープレートの変更を伴う場合は、ナンバープレート代も必要です。行政書士に依頼する場合は実費に加えて報酬が必要になります。
友人から車を譲り受ける予定です。名義変更はいつ行えばいいでしょうか?また、自動車税の通知はどちらに来るのでしょうか?
自動車の所有者に変更があった場合、道路運送車両法13条の規定により15日以内に名義変更(移転登録)を申請する必要があります。

自動車税の通知は4月1日の時点での車の所有者または使用者宛てになされます。個人間で車の売買を行う場合は自動車税に関する取り決めは確実に行いましょう。一般的には、新所有者の負担分は月割りとすることが多いです。
故人が所有していた車を相続したいのですが、その場合も名義変更すればいいのでしょうか?
故人に多額の負債がなく、相続人同士にも争いがない場合は、将来の売却や廃車手続きに備え、名義変更をしておきましょう。もっとも、相続する車にローンが残っているときはローンも引き継ぐことになります。

相続を伴う場合は手続きが複雑になることも多いため、行政書士に依頼するのをおすすめします。
自動車登録は広島であればどの地域でも対応してくれるのでしょうか?
対面または郵送により広島県内であればどの地域でも対応させていただきます。広島県外出張封印は全国対応可能です(要日当及び交通費)。
よくある質問一覧を見る

お知らせ

  1. 2018-05-25

    ウェブサイトのリニューアルのお知らせ